おまとめローンは総量規制対象外!年収が低くても大丈夫

 

ローンの一本化をしたくても、どうも他社借り入れを全部合わせると自分の年収を超えてしまいそう…と不安に思う事もあるでしょう。

 

ところが、おまとめローンの場合はあまり年収は関係ないといえます。

 

なぜかといえば、おまとめローンは総量規制の対象外だからです。

 

総量規制の範囲内での借り入れは、年収の3分の1までしか通常出来ないので、多く借りるには年収が高い必要があります。

 

しかし、総量規制対象外となった場合は、その年収制限もなくなるのです。

 

おまとめローンは総量規制の例外貸付にあたるので、契約後は残高が総量規制の範囲内に収まるまで返済一徹にはありますが、年収に関係なく借りる事はできます。

 

おまとめ専用ローンは年収の3分の1以上でも一本化可能?

 

おまとめローンは、総量規制の例外になる貸付のうち「顧客に一方的有利となる借り換え」という扱いになります。

 

というのは、おまとめローンで複数のローンを一本化することは、多重債務で返済不能になってしまうのを防ぐ効果があるからです。

 

おまとめローンの効果

  • 総量規制以上の借り入れが可能
  • おまとめ契約前よりの低金利化
  • 毎月の返済額の軽減
  • 返済日が1つになる

 

おまとめローン契約をすると上記のような効果があり、借入側にとってプラスになることが多いため、例外貸付として認められているといえます。

 

時に、おまとめ先が銀行なら、最初から総量規制除外貸付なので年収制限は関係ありません。

 

おまとめローン契約時に年収制限が気になるのは、消費者金融で契約する際といえるでしょう。

 

消費者金融は本来、総量規制の規定によって年収の3分の1までしか顧客に貸付が出来ません。

 

しかし、おまとめローン契約をする場合は、例外貸付となるので契約先が消費者金融であっても年収の3分の1を超えるおまとめ契約が可能です。

 

消費者金融の例外貸付おまとめローンとは?

 

ただし、消費者金融のカードローンに総量規制を超える金額で、ただ申し込めば良いというわけではありません。

 

通常のカードローンとは別に、おまとめ専用ローンが用意されているので、総量規制以上の借入をする場合は専用ローンの方へ申し込みましょう。

 

消費者金融のおまとめローンには以下のようなものがあります。

 

消費者金融のおまとめローン
  • アコム=貸金業法に基づく借り換えローン
  • プロミス=貸金業法に基づくおまとめローン
  • アイフル=貸金業法に基づく計画返済支援おまとめMAX、かりかえMAX
  • ノーローン=おまとめローン(貸金業法に基づくお借換え)

 

ただし、年収の3分の1以上借りることが出来るといっても、何円でもおまとめローンなら契約できるわけではありません。

 

あまりに他社借入残高が多い場合は、全てのローンのおまとめではなく、一部のローンのおまとめに留まってしまう可能性があります。

 

ある程度は、通常のカードローン審査よりも他社借り入れ件数や残高に寛容な傾向にはありますが、審査がないわけではありません。

 

おまとめ契約であっても、他社から何件借りているか?残高がどのくらいあるか?という事はチェックされます。

 

その際、借り入れ件数が4社以上ある場合は、おまとめ審査に落ちる可能性がゼロではないと思った方が良いでしょう。

 

借り入れ件数が5社を超えている場合は、まず審査通過が厳しいです。

 

また、借り入れ件数だけでなく、返済遅延や延滞など信用情報に問題がある場合も、貸し倒れリスクが高いとみなされ審査に落ちてしまう可能性が否めません。

 

ちなみに、おまとめ契約後は以前の契約先でのローンはすべて解約する事になります。
加えて、おまとめ後は他社借り入れを新規で契約する事は出来ません。
おまとめローンは原則、完済を目指すためのローンなので、新たに借り入れる事は考えない方が良いでしょう。

 

おすすめはアイフルのかりかえMAX!

 

限度額 1万〜500万円
金利 年12.0〜15.0%
貸付対象 満20歳以上で定期的な収入と返済能力を有する方
資金用途 当社及び他社借入金の借換え
返済期間・返済回数 最長10年(120回)
必要書類
  • 他社借入条件等の確認ができる書類
  • 本人確認書類
  • 源泉徴収票等収入を証明する書類

 

なぜアイフルおまとめMAXがおすすめなのか?といえば、消費者金融のおまとめローンの中では一番低金利だからです。

 

とはいっても、おまとめする残高が100万円以上の場合は、利息制限法によりどこで借りても自動的に年15.0%にはなります。

 

ただ、100万円未満の残高をまとめる場合は、アイフルおまとめMAX以外の消費者金融おまとめローンで契約する場合年17.8〜18.0%が適用金利になる可能性が高いです。

 

したがって、100万円未満のおまとめをなるべく低金利でするのに、アイフルおまとめMAXはおすすめ出来るのです。

 

アイフルを一度でも利用した事がないと、かりかえMAXでの契約となってしまうので注意してください。

 

アイフルおまとめMAXは上限金利が年15.0%ですが、かりかえMAXの方は年17.5%が上限金利なので、100万円未満のおまとめでは金利が高くなってしまいます。

 

銀行カードローンでのおまとめも可能?

 

おまとめローン契約をする際、上述してきた消費者金融のおまとめ専用ローンを利用する前に、銀行での契約を検討してみるのも良いでしょう。

 

銀行は貸金業者ではないので、もとより総量規制が関係ありません。

 

したがって、与信状態が悪くなければ、年収の3分の1以上でも借りる事が出来ます。

 

また、銀行でおまとめローン契約をする場合は、専用ローンではなく通常のカードローンをおまとめ先にする事も可能です。

 

通常の銀行カードローンでおまとめをすると、消費者金融の専用ローンとは違い、おまとめ契約後も限度額の範囲で追加借り入れが出来ます。

 

ただ、その様におまとめ契約後も残高を増やす可能性があるので、消費者金融でおまとめ契約をするよりハードルは高いといえるでしょう。

 

しかし、銀行の方が低金利なので、まずは銀行でのおまとめに挑戦してみると良いと思います。

 

銀行での総量規制以上のおまとめ契約が出来なかった後からでも、消費者金融でのおまとめ契約は遅くありません。

 

おまとめローンはブラックでも借りられるわけではない!

 

時に、おまとめローンに成功すれば、返済状況を立ち直らせ債務整理などをしないで済みます。

 

では、既に異動情報が信用情報に付いてしまって、所謂ブラックという状態になっている場合は?

 

といえば、ブラックになってしまっている場合、おまとめローンでは何ともならない事が多いです。

 

というよりも、異動情報が付いてブラックになっていると、銀行は勿論、ここまで紹介してきた消費者金融の総量規制対象外おまとめローンでも審査に通過出来ないといえます。

 

その為、もし債務整理をするかおまとめローンをするか迷っている場合は、なるべくおまとめローンを先に検討した方が良いです。

 

異動情報が付いてしまうと、最高で5〜10年は与信状態が関係する信用取引が出来ません。

 

すると、通常のカードローン契約は当然ですが、クレジットカードの作成や携帯本体の割賦払いなどもブラックである為で出来なくなります。

 

したがって、ブラックになってしまっていると、おまとめローンも契約不可能となるのです。

 

どうやっても返済していく目途が立たない…という場合は、債務整理を検討した方が良いかもしれませんが、返済の余地があるならおまとめローン契約を検討してみてください。