総量規制の年収3分の1以上を借りるには?

 

総量規制は貸金業者からの個人向け融資に適用される法律です。

 

その総量規制によって、消費者金融では年収の3分の1までの範囲でしか融資が受けられません。

 

しかし、中には自身の年収の3分の1では融資額が全く足りない!という方もいると思います。

 

総量規制の対象になる貸付とは?

 

もそも、総量規制が適用される貸金業者とは何かがよく分からない…という事もあるでしょう。

 

基本的に総量規制の対象になる貸金業者として、以下が挙げられます。

 

総量規制対象の貸金業者
  • 消費者金融
  • カード会社(キャッシング枠のみ)
  • 信販会社

 

ちなみに、TVCMなどで名が知れている、プロミスやアコム、モビット、アイフルなどが消費者金融です

 

消費者金融は代表的な貸金業者ですが、そこにクレジットカード会社や信販会社も含まれます。

 

ただ、クレジットカードの場合はショッピング枠とキャッシング枠がありますが、キャッシング枠だけが総量規制の対象です。

 

上記から借り入れをする場合は、総量規制の対象になるので最高でも年収の3分の1までしか借りられません。

 

また、総量規制には年収制限の他に、収入証明書提出の義務についての規定があります。

 

貸金業者1社から50万円以上もしくは他社借入含めて100万円以上の借入となる場合、必ず収入証明書の提出が必要です。

 

時に、年収に含まれるのは基本的な給与に加え年金や賃貸収入、事業所得などがあります。

 

賞与などがある場合は、それを証明できる書類を用意することで基本の給与収入にプラスして、年収に見込まれます。

 

総量規制を超えるには除外・例外貸付で借りる?

 

総量規制を超えて借り入れをする方法として、除外貸付と例外貸付の2つの方法が挙げられます。

 

ちなみに、除外貸付と例外貸付は両方とも、総量規制以上の借り入れが出来る方法ではありますが別物です。

 

総量規制除外貸付は、そもそもが総量規制に関係ない貸金業者以外の金融機関からの借入です。

 

総量規制例外貸付は、貸金業者から特別な理由で年収制限を超えて借り入れが出来る方法となっています。

 

もっと具体的に、除外・例外貸付をそれぞれ分けると以下の通りです。

 

総量規制除外貸付

  • 高額療養費
  • 住宅ローン(リフォームも含む)
  • 有担保ローン
  • 不動産売却で返済するローン
  • つなぎ融資
  • 自動車ローンや教育ローン(目的ローン)

 

除外貸付にあたるものは、基本的に貸金業者では扱っていないローンやそもそもが高額融資になることが避けられないものです。

 

銀行や信金・労金などは貸金業者ではないので、除外貸付にあたります。

 

その様に貸金業者以外からの貸し付けに加え、不動産屋有価証券を担保などにして契約するローンや高額融資を受けるまでのつなぎ融資なども、総量規制に含まれない貸付です。

 

総量規制例外貸付

  • 顧客に一方的有利となる借り換え
  • 緊急の医療費
  • 社会通念上の必要費用
  • 配偶者と併せた年収での貸付
  • 個人事業主への貸付
  • つなぎ融資

 

例外貸付は、特例で消費者金融などの貸金業者からでも、年収制限を一時的に超えて借り入れが出来るものです。

 

除外貸付の場合は、総量規制の範囲外なので何か特別な手続きを踏む必要がありません。

 

しかし、例外貸付の場合は総量規制の特例にあたるという事で、通常の申し込み手続きよりも手間がかかる傾向にあります。

 

また、基本的には借り換えぐらいしか例外貸付では一般的に対応されていないのが現実です。

 

本来は、用途がしっかりと証明できれば緊急の費用としての借入も可能ですが、総量規制という法律上特例を認める事になるので難しいといえます。

 

ただ、総量規制自体が貸金業者からの融資で、顧客が多重債務や返済不能にならないように制定した規則なので、借り換えだけはハードルが高くありません。

 

消費者金融のおまとめローンで総量規制以上を借りる!?

 

例外貸付での借り換えは消費者金融としても、専用ローンを用意して対応している事が多いです。

 

例えば、大手消費者金融には借り換え・おまとめ契約専用に以下のようなローンがあります。

 

消費者金融の借り換え・おまとめ専用ローン

  • プロミス=おまとめローン
  • アコム=貸金業法に基づく借換え専用ローン
  • アイフル=かりかえMAX、おまとめMAX

モビットは専用ローンはありませんが通常のカードローンが借り換え・おまとめ用途で利用可能です。

 

上記のような専用ローンに申込む場合は、年収の3分の1以上の借入額を消費者金融でも契約できます。

 

特にローンを一本化するおまとめローンは、借入額が年収の3分の1を超えてしまう事も多いですが、例外貸付での専用ローン契約なら大丈夫です。

 

ただ、基本的に消費者金融の専用ローンで借り換えやおまとめをすると、完済まで返済しか出来なくなります。

 

総量規制以上借りるなら銀行カードローン?

 

例外貸付の場合は、資金用途や借り入れの仕方が限定されての、年収3分の1以上の借り入れが可能な方法です。

 

ところが、除外貸付の場合はそもそもが総量規制の対象ではないので、特別な条件がなくても総量規制以上借りる事が出来ます。

 

その為、カードローンの場合なら、契約先を消費者金融ではなく銀行にする事で年収の3分の1という制限がありません。

 

ただし、銀行カードローンも現在は過剰貸付の自主規制により、年収の2分の1までを融資額の目安としています。

 

しかし、総量規制のような法律で規定が設けられているわけではないので、返済能力が十分であれば消費者金融よりも高額な融資が受けられるでしょう。

 

ちなみに、年収が高いだけが返済能力につながるのではなく、信用情報に返済遅延や金融事故情報などがない事も重要です。

 

高額融資を受ける場合は、基本的に与信状態が良くなければ希望の金額で審査通過するのが難しいでしょう。

 

また、銀行カードローンは総量規制の規定がない事で、自身に収入がない専業主婦の方への貸付にも対応可能です。

 

専業主婦の方が銀行でカードローン契約する場合、配偶者の方の年収が審査の参考にされます。

 

消費者金融でも、例外貸付の配偶者貸付を利用すれば、借りられる事がありますが特別な手続きとなるので手間がかかりがちです。

 

即日融資なら総量規制内でも消費者金融がオススメ!

 

時に、銀行カードローンの場合、確かに総量規制の影響はありませんが、融資を急いでいる場合には契約先として向きません。

 

銀行カードローンは、審査結果が分かるのが早くても申込の翌営業日、もしくは2〜3日後です。

 

その為、即日融資には対応していません。

 

その点総量規制で借りられる金額に制限があるものの、消費者金融であれば即日融資対応が可能です。

 

また、基本的に急いで融資が受けたい場合は、借り入れ希望額は少ないに越したことがありません。

 

というのは、高額の融資となるとやはり審査が慎重になり、時間がかかるからです。

 

したがって、融資を急ぐ場合は借入額が多少少なくなってしまっても、消費者金融でカードローン契約をする事をオススメします。

 

年収で嘘を付いて多く借りる事は出来る?

 

その様に融資スピードを考えると消費者金融から借りた方が良いのですが、どうしても高額の融資が受けたい!と考える方もいるでしょう。

 

すると、多めの嘘の年収でカードローン申し込みをしてみよう…などと思う事もあるかもしれませんが、やめた方が良いです。

 

というのは、金融機関は様々な顧客の審査をしてきているので、基本的に申し込み時の嘘はバレます。

 

また、万が一年収の嘘が契約時にはバレなくても、契約中にバレてしまった場合は追加借り入れ停止となり残高の一括請求がされる可能性が高いです。

 

残高の一括請求をされて、払えなかった場合は再度の分割返済をする事が出来ないので、債務整理をする事になります。

 

加えて、一括請求分が払えたとしても、その後は強制解約となる為、信用情報にいずれにせよ傷が付いてしまうといえるでしょう。

 

したがって、基本的には早く借りたいなら総量規制の範囲内で消費者金融で契約、多く借りるなら時間に余裕をみて銀行で契約、とあらかじめ割り切っておくことが大事です。